java

javaとは?

「java」とは、プログラミング言語の1つです。世界中で使用されている言語であり、習得したい言語として1位を記録するほどに、期待度の高い言語です。

なぜそんなに期待されているのかといえば、「多くの現場で使われていること」、「汎用的でOSに依存しない」などの理由があります。
特にOSに依存しないという点は大きく、作成したソフトが動く環境を考えるというのは、プログラマーにとって大きな問題ですよね。

例えばOS7なのか、Xなのか。Windowsだけで考えても大変です。そんな中でも動くプラットフォームを多く提供してくれるjavaという言語が人気なのは、当然といえるでしょう。
また、様々な言語のもとになっているという点でも、javaは優れています。
javaはOSに依存をしないので、どんな環境でもソフトを動かすことができます。例えば、「ガラパゴス携帯」でも、javaを使ったアプリケーションを組むことができます。

これからITエンジニアを目指す中でjavaの仕事や案件は増えることは間違いないでしょう。

ITの基礎として覚えておいて損のない言語です。

マルチな言語

また、プログラミング言語の「java」はサーバーサイドでも活躍しています。
「サーバーサイド」とはサーバ側で動くアプリケーションのことで、web上のアプリケーションなどがそれにあたります。

そのような意味ではjavaはwebととても相性が良く、さらにいえば、どんなものにも搭載されているマルチな言語であるという事ができるでしょう。
webやスマホアプリなど様々なシチュエーションで使う言語なので、javaをマスターすればプログラマーとして仕事には困らないでしょう。

Android App、web Appといったアプリ開発の現場、『ファインディングニモ』などの2D、3Dのソフトウェアの分野、他にも銀行や宇宙開発の分野まで、幅広く使われているのがjavaです。
またjavaはプログラムを小さな部品の様に分けていく、「オブジェクト指向型」でプログラムを書くので、勉強しておくと、ほかのオブジェクト指向の言語を習得しやすくなるとも言われています。

java_logo

ページトップへ戻る